明治10年(1877)の西南戦争では、田原坂の激戦等が有名であるが、最前線と熊本城の中間に位置する旧北部町内も重要な地点であった。
この地で戦闘が交えられたのは、向坂における2月22日と3月20日の2回がある。戦闘期間中、町内では254戸の家と204の小屋が焼かれ、戦いにまきこまれて死傷した人も有り、民間の損害も少なくなかった。主に3月20日の向坂の戦いの戦死者の墓である。
将兵軍夫123柱の墓石が並ぶ。墓石は北を正面とし、頭のとがった四角柱で、その総高は士官124cm、下士官87cm、兵卆70cm、軍夫40.5cmを測る。



ホーム | 商工会について | 主体事業 | 地域紹介 | お知らせ | 交通アクセス
お問合せ | リンク集 | サイトマップ
Copyright(C) 2015 kumamotoshi-Hokubu-Shoukoukai. All Rights Reserved.
〒861-5521 熊本県熊本市北区鹿子木町151-1