幹囲13.5m、樹高約29m、枝張りは東西47m、南北49m、南西方向に伸びる枝が最も長く中心から29mもある。樹根は蛸の足のように地上に這いまわり、樹勢も盛んである。クスノキの多い熊本県下でも最大級の巨木である。
樹の南側の幹に墓石らしいものが1基まきこまれている。これが鹿子木寂心の墓と伝えられるもので、樹の呼称もこれに由来する。鹿子木寂心は、名は親員、三河守と称し、入道して厳松軒寂心と号した。旧北部町の楠原城に本拠をおき、飽田、託磨、山本、玉名郡内の560町を領したという。
後に隈本城(古城、現在の第一高校の場所)を築き、そこを本拠とした。



ホーム | 商工会について | 主体事業 | 地域紹介 | お知らせ | 交通アクセス
お問合せ | リンク集 | サイトマップ
Copyright(C) 2015 kumamotoshi-Hokubu-Shoukoukai. All Rights Reserved.
〒861-5521 熊本県熊本市北区鹿子木町151-1